ニュース

「先進国債券ロング・ショート戦略」運用開始に関するお知らせ
2020年2月21日

ベイビュー・アセット・マネジメント株式会社(以下、「当社」)は、米国、カナダ、英国、ドイツ、フランス、豪州、日本の10年国債先物を活用する「先進国債券ロング・ショート戦略」の運用を、2020年2月21日に開始いたしました。2019年2月25日より運用を開始した「Bayview 日本株価指数 マルチ・ストラテジー」と、当戦略を組み合わせた私募投資信託「TSマルチ・アセット ファンド」がこの度新規設定されております。

「先進国債券ロング・ショート戦略」は、キャリー、ロールダウン、バリューの3つの戦略を配置し、金利上昇時の資産保全と金利低下時の収益追求を目指します。独自の計量分析に基づき、先進国の債券市場環境を金利上昇/低下とイールドカーブ形状で計6局面に分割、局面毎に予め定めた投資ルールに基づきロング・ショート・ポジションを構築します。

「TSマルチ・アセット ファンド」は、互いに低相関な絶対リターン型戦略(Bayview 日本株価指数 マルチ・ストラテジー、先進国債券ロング・ショート戦略)を組み合わせることにより、低リスクかつ安定的な収益の確保を目指します。

当社は今後も、投資家の皆様のご期待に応える運用商品の開発・提供に努めて参ります。

本件に関するお問い合わせ先
  商品開発部 03-5210-3342

当ファンドに係る留意事項

投資リスク
当ファンドは、マザーファンド受益証券への投資等を通じて、円建ての公社債等に投資し、有価証券先物取引等を活用することがありますので、ファンドの基準価額は変動します。当ファンドの主要なリスクには、株価変動リスク・流動性リスク等がありますが、上記に限定されるものではありません。従って、投資者の皆様の投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元金を割り込むことがあります。ファンドの運用による損益はすべて投資者の皆様に帰属します。また、投資信託は預貯金と異なります

当資料は、ベイビュー・アセット・マネジメント株式会社が作成したものであり、特定の取引や商品あるいは有価証券の勧誘ないし推奨を目的としたものではありません。本資料は目的の如何を問わず、その全部または一部を当社の許可なしに複製・複写・転記する事、及び第三者に開示することを禁じます。

ベイビュー・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 (登録番号 関東財務局長(金商)第397号)
一般社団法人 投資信託協会会員 / 一般社団法人 日本投資顧問業協会会員