会社案内
Company

社長メッセージ

日本の資産運用に新たなるページを
独立系マルチ・ブティック型運用会社として、投資家の皆様とともに

経済が成熟した今日の日本においては、成長期とは異なり、「資金調達ではなく資産運用」、そして「貯蓄から投資へ」の動きが本格化しつつあります。その結果、資産運用会社は非常に重要な存在となってきました。しかしながら日本の運用業界の発展は、欧米と比較して大きく遅れていると言わざるを得ません。特に、専門的な人材の育成と高度な運用商品の開発という面でその差は顕著であり、この背景には、資金調達こそが最重要課題であった戦後復興の中で、銀行や証券会社が成長を遂げる一方、資産運用は軽視されてきたという我が国固有の金融の歴史があります。

(画像)

日本のアセットマネジメントが漸く夜明けを迎え、金融業の中で最も潜在的な成長力が高いという認識が広がる中、顧客第一の観点から“受託者責任(Fiduciary Duty)”がクローズアップされ、運用商品の製販分離が真剣に議論され始めました。つまり、製造を担う運用会社と、販売を担う銀行や証券会社等の系列親会社との経営の独立性に焦点が当たっているのです。然るに日本の運用業界は、上述した歴史的経緯から大手金融機関系列の百貨店型運用会社で寡占されており、株主である系列親会社を持たない独立系運用会社の業界に占める割合は、米国に比べ極めて低い状況です。

<独立系運用会社の日米比較:運用資産額シェア>

グラフ 独立系運用会社の日米比較:運用資産額シェア
  • (出所)投資信託協会、Tower’s Watson社の資料をベースに作成、米国は2016年末、日本は2017年3月末

私どもベイビュー・アセット・マネジメントは、1998年の創業以来、このような業界に一石を投じ、少数精鋭主義の独立系、そして専門店型運用会社(ブティックハウス)への新たな潮流を作り、投資家に最高レベルの運用サービスをお届けしたいとの思いを貫き、今日に至っております。お蔭様で、年金基金を含む機関投資家から個人投資家まで、幅広い顧客層の皆様から多大なるご支持を賜り、国内有数の独立系ブティックハウスへと着実に成長を遂げて参りました。

当社はその過程において長期的な経営ビジョンの下で2011年より新卒採用を開始し、“経営の独立”に加えて、生え抜き社員を育成することで“人材の独立”を目指すべく、大きな一歩を踏み出しました。また、投資一任業務に係る内部統制の保証報告書を2012年度以降毎年継続して取得する等、ガバナンス及びコンプライアンス態勢を一段と強化し、将来を見据えた盤石な運用プラットフォーム構築を推進しています。

今後、当社は、自社並びに米国の秀逸なブティックハウスによる運用商品を提供する、日本で初めての本格的な独立系マルチ・ブティック型運用会社を志向して参ります。同時に、投資家の皆様一人一人と常に緊密なコミュニケーションをとらせて頂くことにより、「顔の見える、そして真にクオリティの高いサービスを提供する」運用会社であり続けられるよう、社員一同、一層の努力を重ねる所存です。

ベイビュー・アセット・マネジメントは、日本の資産運用に新たな時代を切り拓いていきたいと考えております。

(写真)

2018年1月
ベイビュー・アセット・マネジメント株式会社
代表取締役 兼 CEO
八木 健