会社案内
Company

ベイビューの歴史

1978年

1978年 Sanford Robertsonが、シリコンバレーを臨む米国サンフランシスコに本拠を置き、新興成長企業を専門とする投資銀行Robertson Stephens & Company(以下、「RS&Co.」)を創業。米国におけるブティック型金融機関登場の幕開けとなる。
1986年 Randy Hechtが、RS&Co.の資産運用部門として、イノベーション投資を得意とする米国株式のブティックハウス(専門店型運用会社)、RS Investments(以下、「RSIM」)を設立。
1990年 現代表取締役兼CEOの八木健が、野村證券在職中にSanford Robertsonと出会い、将来の日本におけるブティック型金融機関創業を志す。

1998年

1998年1月 八木健が、Robertson Stephens&Companyからの支援を得て、「RSアセット・マネジメント株式会社(以下、「RSアセット」)」を設立。
1998年2月 投資顧問助言業者として関東財務局に登録、米国株式運用サービスを開始。
1999年7月 米国サンフランシスコに本拠を置くベンチャー・キャピタルCrosslink Capital, Inc. (RSIMのベンチャー投資部門として1989年に設立、1999年に独立)との間で、日本における包括的な運用業務提携契約を締結。
1999年12月 金融再生委員会より投資一任契約に係る業務の認可を受け、年金市場に参入。
2000年12月 米国サンフランシスコに本拠を置くプライベート・エクイティのファンド・オブ・ファンズHorsley Bridge Partners LLCとの間で、日本における包括的な運用業務提携契約を締結。

2002年

2002年4月 八木健を中心とするRSアセットの経営陣が、RSIMより自社株式を譲り受けて独立(MBO)、長期的かつ安定的ビジネス基盤を構築。同時に、RSIMとの間で、日本における包括的な運用業務提携契約を締結。
2002年6月 内閣総理大臣より投資信託委託業務の認可を取得。
2002年7月 日本株式の自社運用を開始。日本株式ヘッジ・ファンドを設定。
2003年6月 社団法人 日本証券投資顧問業協会(現 一般社団法人 日本投資顧問業協会)理事に就任(2010年まで7期、2012年及び2015年に再任、計9期)。
2007年1月 社名を「ベイビュー・アセット・マネジメント株式会社」へ変更。
2008年1月 創業10周年
2008年4月 本部制を廃止し、執行役員会を中心とする現在の業務遂行体制へ移行。

2011年

2011年4月 新卒社員の採用を開始。
2013年3月 投資一任業務に係る内部統制の保証報告書を外部監査人より取得。
2013年7月 創業以来初となる公募投資信託を設定。
2013年12月 独自開発したクオンツモデル(アクティブ・アセット・アロケーション)に基づくマルチ・アセットの自社運用を開始。
2014年8月 米国サンフランシスコに本拠を置くベンチャー・キャピタルZenShin Capital Management LLC(現 GoAhead Ventures LLC)との間で、日本における包括的な運用業務提携契約を締結。

2016年

2016年7月 米国クリーブランドに本拠を置くマルチ・ブティック型運用会社Victory Capital Management Inc.との間で、日本における包括的な運用業務提携契約を締結。日本における独立系マルチ・ブティック型運用会社としての経営方針を明確化。
2017年3月 役職員数が50名を超え、契約資産額も3,000億円を突破。
2017年12月 米国サンフランシスコに本拠を置くAI運用の専門会社Cerebellum Capital, LLC(Victory Capital Management Inc.が出資)との間で、日本における包括的な運用業務提携契約を締結。
2018年1月 創業20周年
1979年(世界)
第2次オイルショック
1985年(世界)
プラザ合意
1991年(日本)
バブル崩壊
1997年(世界)
アジア通貨危機
1997年(日本)
山一證券自主廃業
1998年(世界)
ロシア財政危機
1999年(世界)
欧州共通通貨ユーロ誕生
1999年(日本)
世界初のゼロ金利政策導入
2000年(米国)
ITバブル崩壊
2006年(日本)
ライブドア・ショック
2007年(世界)
世界金融危機
2008年(米国)
リーマン・ショック
2011年(日本)
東日本大震災
2012年(日本)
第二次安倍内閣による
アベノミクス開始
2014年(米国)
FRBが量的緩和終了
2016年(日本)
日本銀行がマイナス金利導入
2016年(世界)
EU離脱国民投票可決

1978年、米国サンフランシスコ
すべてはベイ・エリアから始まりました

1998年、東京半蔵門
日本の資産運用に新たな潮流を

2002年、MBOにより独立
「ベイビュー・アセット・マネジメント」へ社名変更

2011年、新卒採用を開始
創業来初の公募投信、そしてマルチ・アセット型ファンドを設定し自社運用力を強化

2016年、Victory Capitalと独占提携
日本最大の独立系マルチ・ブティック型運用会社として、業界をリードしていきます